れもねーど

MapleStory in Anzu で活動中の "卍LEMON卍" のブログ

 
fc2_blog_rank.png  ←FC2 Blog Ranking参加中!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Trackback [x]
Comment [x]
 
fc2_blog_rank.png  ←FC2 Blog Ranking参加中!

今から書くことは、状況や環境により、
行えない場合もあるということを踏まえたうえでお読みください。


【対策】

・「SuperFetch」の無効化
 「Windowsボタン」→「コントロールパネル」→「システムとメンテナンス」→「管理ツール」
 →「サービス」の項目にある[~SuperFetch]をダブルクリック
 [全般] タブで、[スタートアップの種類] の一覧の中から
 [自動]、[手動]、[無効]、 [自動(遅延開始)] から無効を選択

・ホンテ本体のフィールドに入った時点での、画質の変更
 画質を「低→高→低」(余裕のある場合は、本体の間定期的に画質変更を行う)

・最小化&デスクトップでの壁紙の変更
 

【結果】
ホンテでVista落ちの、連続記録を打ち立ててた友人が最後までいけました。

【根拠】

私が考えるOSがVistaのPCで行ったホーンテイルの鯖落ち現象の原因はOSのメモリ管理方法の違いにあると考えています。


その原因となるものが、Vistaで初めて搭載されたメモリ管理技術「SuperFetch」と考えています。

SuperFetchとは、ユーザーの行動パターンに基づき、メモリに必要な情報を読み込み、高速化を図る技術のことです。


まず、プログラムというものは、メモリ上に領域を確保します。

たとえるなら、プログラムを動かすための情報を入れるバケツを用意したと考えてみてください。

そして、このバケツに水と入れるプログラム(人間)はSuperFetchのことを知らないとします。

これがどういう状況になるかというと。。



ホーンテイルが始まった時点で、バケツに水が入り始めます。

SuperFetch君がホンテが始まったことに気づきました。

SuperFetch君が、プログラムが水を注ぐのを助けるために、先に注いであげよう!と考えてしまうわけです。

1人で水を入れることしか考えてないプログラムは、勝手に水をいれられて、混乱する。

そのうちバケツから水があふれてしまうと、そのプログラムが実行できなくなり落ちてしまう。


このSuperFetch君が、前のホンテの状況を想定して、バケツに水をいれたとすると。

ホンテの状況が毎回同じなわけじゃない。

また、プログラム自身がそういうことを想定していないとなると、変なものを入れられて混乱する。

これが、ランタイムエラーの原因と考えます。

また、水があふれてしまった!

これが、暗転落ちの原因を考えます。


これの対策をするには。。


プログラムが1人でバケツに水をいれることができるようにSuperFetchを無効化する。

あふれてしまうバケツなら、大きいバケツに変えてしまえばいい!
ということで、一度画質をよくすることで、メモリの使用量を増やし、バケツの大きさを大きくしたあと、実際に使う水の量を画質を減らして落とす!


という結論に至りました。




素人半分の回答だし、その友人にはほかの対策もさせたのと、自分自身でまだ試せてないためどうともいえませんが、
今までずっと鯖落ちしてた人が最後まで生き残れたという事実は大きいと思うので記事にかいてみました><


こ、、これで私も自宅でホンテを。。


【追記】

【対策まとめ】ホーンテイルのWindowsVistaの鯖落ち対策まとめ

この対策も含めて大まかな対策を書いた記事をまとめてみました。
スポンサーサイト
コメントを投稿する
::この記事へのコメント::
うぜええええええええええええええええ
2009/07/19(日) 05:15:11 | URL | 殲滅の光矢 #-[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2009/09/08(火) 13:28:29 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。